四十肩・五十肩でお悩みの方へ

  四十肩・五十肩でよくあるお悩み

  • 突然、
    肩に激しい
    痛みが生じた

  • 夜、眠れない
    ほど肩が
    激しく痛む

  • 痛みは
    引いたが、
    動かしづらい

  • 高い位置の
    物が取りづらい

四十肩・五十肩は予防できる?原因や症状、対策法について

40代から50代にかけて起こることの多い肩の症状として、

四十肩・五十肩があります。

肩周囲に鋭い痛みや可動域の制限を感じます。

 

時間の経過とともに自然と緩和されることが多いですが、
適切な対処を行わないことで、回復に時間がかかってしまったり
後遺症が残ってしまう場合もあります。

 

今回は四十肩・五十肩がなぜ起こるのか、

原因や症状をお話しするとともに、対策法・予防法についてご紹介します。

四十肩・五十肩
解消メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩になるとどんな症状になるの?

40代から50代に肩関節に痛みや動かしづらさを感じる症状を、四十肩・五十肩といいます。

四十肩・五十肩という別の名前がつていますが、40代に発症した場合には四十肩50代であれば五十肩と呼ばれ症状や原因はどちらも同じです。

はっきりとした原因は解明されていませんが、加齢とともに肩関節周辺の組織に炎症や変性が起こり、発症すると考えられています。
その他にも、筋力低下や不良姿勢などが誘因となっている場合もあります。

 

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

◇加齢

年齢とともに肩関節の筋肉や靭帯、腱の柔軟性が失われると、肩の関節をスムーズに動かす腱板に炎症が起こり痛みが生じると考えられています。

 

◇運動不足

運動不足は筋力低下だけでなく関節の柔軟性が失われるため、四十肩・五十肩を生じやすくなります。

 

◇不良姿勢、血行不良

「猫背」「反り背」などの不良姿勢は身体のバランスを崩し、ただ立っているだけ、座っているだけでも筋肉や関節に余計な負担がかかってしまいます。
特に不良姿勢は、身体の中心にある骨盤に特に大きな負担をかけ、骨盤の傾きが生じ、腰痛膝痛を招きます。

腰や膝など下半身に痛みがあると上半身でバランスをとろうとするため、肩周辺の筋肉が緊張して血行不良が生じ四十肩・五十肩につながります。

 

◇巻き肩

巻き肩とは、本来であれば耳の下あたりにある肩の位置が前方にずれている状態をいいます。

猫背の方に多く、肩こりをはじめ肩周辺のトラブルを引き起こす原因となり、四十肩・五十肩につながります。

 

【症状】

 

四十肩・五十肩の症状は「急性期」「慢性期」の2つの病期に分類され、それぞれ症状に違いがあります。

 

◇激しい痛みをともなう「急性期」

四十肩・五十肩の多くのケースは、突然鋭い痛みが肩にあらわれます。

はじめは動かしたときに痛みを感じますが、徐々に腕や手先に痛みが広がり痺れを伴う場合もあります。

急性期は肩に炎症が起きているため、最もひどい時期には安静時にも痛みを感じ夜に眠れなくなる方もいらっしゃいますが、強い痛みは数日間で自然とおさまります。

 

◇可動域が制限される「慢性期」

急性期の鋭い痛みが落ち着くと「慢性期」に入ります。
慢性期の症状の特徴は、痛みは少ないものの肩に動かしづらさを感じます。

これは、急性期に肩を動かさないでいたことにより組織に癒着が起こるためです。

洗濯物が干しづらくなったり、腕が後ろに回しづらくなることから衣服の着脱が困難になる場合もあります。

四十肩・五十肩になってしまったら・・・

四十肩・五十肩の多くは半年から1年ほどで自然と改善するといわれています。

しかし、間違った対処法などにより痛みが長引くケースや悪化させてしまう場合もあるため、正しくケアすることが大切です。

 

【四十肩・五十肩の対策法】

 

先ほどお話した通り、四十肩・五十肩の症状は「急性期」「慢性期」の2つに分けることができ、それぞれ対策方法にも違いがあります。

 

◇急性期

最も痛みの強い急性期は「安静」を第一に心がましょう。

肩に負担のかかる動作は控えて、仕事や家事などは周りの力を借りて症状を悪化させないようにし、衣服の着脱が困難な場合は、シャツやブラウスなど前開きの洋服を選ぶなど工夫しましょう。

急性期は肩に炎症が起きているため、眠れないほどつらい痛みのあるときは、冷湿布などで冷やしてあげると痛みの緩和につながります。

 

◇慢性期

痛みがやわらぐ慢性期は、組織の癒着を防ぐために無理のない範囲でストレッチや運動を行いましょう。

「また痛みがぶり返すのでは・・・」と不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、安静にし過ぎると返って筋肉が硬くなり回復に時間がかかってしまいます。

また、患部に炎症が起きる急性期とは逆に、慢性期は筋肉が硬くなることで血管が圧迫されて血行不良が生じやすくなっているため、ホットタオルや入浴によって温めるとよいでしょう。

 

【四十肩・五十肩を予防する④つのポイント】

 

四十肩・五十肩の原因はさまざまあると考えられていますが、日常生活のちょっとした心がけが予防につながります。

そのポイントを今回は4つご紹介します。

 

◇長時間同じ姿勢を続けない

肩周辺の筋肉が硬くなると炎症が起こりやすくなり、やがて四十肩・五十肩につながります。

長時間同じ姿勢を続けるデスクワークなどは筋肉を緊張させてしまいますので、1時間に1回のペースで適度に休憩をはさむなどして、筋肉をほぐすように心がけると良いでしょう。

 

◇不良姿勢の改善

身体の不調の大きな原因となる不良姿勢は、四十肩・五十肩だけでなく、加齢とともに生じやすくなる膝痛や腰痛につながる可能性があります。

猫背や反り背の方は正しい姿勢を心がけ、身体の一部に過度な負担がかからないよう日頃から意識して生活しましょう。

 

◇夏場でも冷やさないよう注意

冷えにより身体の巡りが滞ると、筋肉疲労や炎症が起こりやすくなり、やがて四十肩・五十肩になる可能性が高くなると考えられます。

たとえ夏場であっても肩周辺を冷やさないよう、カーディガンやストールを持ち歩くなどして冷えを予防しましょう。

 

◇ストレッチ

日頃から肩周辺のストレッチを行い関節組織や筋肉を柔軟に整えておくことは、四十肩・五十肩を予防するうえで大切です。

ストレッチは、筋肉がやわらかくなっているお風呂上がりがおすすめです。

コリナックス&ラクール接骨院
【四十肩・五十肩】に対するアプローチ方法

そのため、「洗濯物が干しづらくなった」「肩よりも上のものが取りづらくなった」「背中のファスナーがあげられない」などのお悩みを感じるようになります。

よく肩こりと混同されてしまうことが多いですが、肩こりは筋肉の緊張などから起こるもので、四十肩、五十肩とは明らかに違います。

四十肩、五十肩は、肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。
これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからといわれていますが、実際のところ原因ははっきりしていません。

当院では炎症が強い場合は、超音波炎症症状を早期に引かせる施術を行います。
その後全身もみほぐしにより体液(血液・リンパ液)の巡りを改善させ筋肉に柔軟性をつけていきます。
そして背骨・骨盤・股関節の矯正を行い、肩関節を動かしやすくします。

著者 Writer

著者画像
院長
長嶋 宣行(ナガシマ ノブユキ)
出身:埼玉県出身
趣味:スキーと野球。
体重100kgの大食漢。一児の父。

幼少時からスキー、野球等のスポーツに夢中になり、夢中になる余り多数の大ケガをし選手生命を絶たれる。
自分と同じ思いをしてる選手を救う為に柔道整復師を目指す。
老舗グループ接骨院の分院長を4年勤め、その間プロアスリートやスポーツ強豪校のトレーナーを経験する。
その後最大手リラクゼーション店に勤め、施術の幅を広げ多くの指名を受け数千人の施術者の中でランキング入りを果たす(最高ランキング千葉県18位)。
2020年8月に当院を開業する。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:コリナックス&ラクール接骨院
住所〒273-0122 千葉県鎌ケ谷市東初富4-34-3
最寄:新京成線「鎌ヶ谷大仏駅」
駐車場:あり(2台)
                                                                   
受付時間
10:00〜19:00 10:00〜17:00
平日:10:00~19:00
祝日:10:00~17:00
定休日: 日